ホーム  »  blog  »  H29.10.29 ほんだ式口臭治療関東ブロック研修会

blog

H29.10.29 ほんだ式口臭治療関東ブロック研修会

2017年11月29日

H29.10.29
ほんだ式口臭治療関東ブロック研修会
今回は今まで使用していた「ペリセラ」という歯周病に効果のある洗口液と歯磨き粉が販売中止となり、新しく「プロペリ」という洗口液に変わって販売することとなりました。

「プロペリ」にはプロフレッシュと同じCLO2製剤を使用し溶存酸素濃度を上げることで嫌気性菌の活動(歯周病菌)を選択的に抑制します。
酸化作用により蛋白変性作用によるプラークの分解、菌、真菌、ウイルス、不良タンパク質の細胞膜(蛋白)変性による初期殺菌作用があります。

合成界面活性剤、アルコール、合成殺菌成分を含んでおりませんので口腔化粧品として認可され、安心して使用できるようになっております。

ペリセラシリーズに比べ、ボトル1本使用で完結する簡単な使用法です。

本体ボトル:水(溶剤)、亜塩素酸ナトリウム(洗浄剤)
A液:水(溶剤)、クエン酸(PH調整剤)安息香酸ナトリウム(保存料)
B液:水(溶剤)、次亜塩素酸ナトリウム(洗浄剤)

AB液調整後ボトルに調合すると次亜塩素酸ナトリウムは消滅し二酸化塩素が生成します。
二酸化塩素はWHO、NASA各国の公衆衛生当局などで高い安全性と効果が認められています。塩素処理の安全な代替処理として水道水の添加物に推奨しています。

歯周病へのアプローチとしてプロペリは二酸化塩素製剤として歯周病予防に対応したホームケアの洗口液で嫌気性菌に酸素を送ることで選択的に活動を抑制し、歯周病を予防します。
一般的に使用される殺菌剤などは、すべての口腔内細菌を殺菌するので菌交代症やアレルギーが起こるリスクがありますがこの製品はそのようなことが起きません。

ほんだ式口臭治療では天然由来の漢方を使用しているのですべての商品が安心して使用できます。
私自身もいろいろな商品が研究段階でこれから市場にでるのを楽しみにしています。