ホーム  »  blog  »  20代女性 負担なく神経を抜かずにジルコニアインレーを使用して治した例

blog

20代女性 負担なく神経を抜かずにジルコニアインレーを使用して治した例

2020年08月06日

【初めのご相談内容】

「歯の治療が苦手なので、負担の少ない治療は無いか」と相談を頂きました。

【カウンセリング・診断結果】

歯の内部が黒く、神経に近い部分までむし歯が進行しており神経を取る可能性があるため、自費治療でむし歯の進行を止めるドックベストセメントの話をいたしました。

【行ったご提案・治療内容】

1回目:麻酔なしでむし歯の部分を最小限に削り、ドックベストセメントを使用。神経を保護し、セメントにてカバーしました。
2回目:麻酔をしてレジンでコーティング後、形を整えてから型取りを行いました。
3回目:風をかけるとしみることがあり、不安なため麻酔をしてからジルコニアインレーをセットしました。

【治療期間】

3回

【おおよその費用】

¥55,000(税抜/保証期間5年)

【術後の経過や現在の様子】

歯の削る量を最小限に抑え、神経を守ることができたので、快適な状態で過ごせております。
ジルコニアを使用している為、耐久性が良く、着色汚れやプラークの付着があまりない良い状態を保てています。

【治療のリスクについて】

ドックベストセメントはむし歯の進行を止めますが、むし歯の大きさによってはすでに神経まで細菌が達していることがあります。
将来的に、症状が出た場合には、神経を取る可能性があります。
その場合、中央のみに穴をあけ、根の治療ができるのであればジルコニアインレーを外さずに治すことができます。
だだ、ジルコニアインレーをすべて外さないと根の治療ができない場合は保証期間5年を過ぎてしまった場合には再度費用がかかってしまいます。
取れてしまった場合、なくさずに持ってきてください。再度接着しなおすことができます。
被せ物があれば、補償対象外でも自費で費用はかかりません。

治療前

治療中

治療後