ホーム  »  blog  »  20代男性 むし歯をハイブリットダイレクトボンディングで治した例

blog

20代男性 むし歯をハイブリットダイレクトボンディングで治した例

2021年04月14日

【初めのご相談内容】

少ない回数で白いもので治したい

【カウンセリング・診断結果】

左上の小臼歯の歯の間に大きなむし歯があります。
象牙質といって神経に近づくと痛みを引き起こしてしまうくらいのむし歯です。

【行ったご提案・治療内容】

オフィスホワイトニングのリタッチ。1日で治す方法は
①保険治療のコンポジットレジン修復
②自費治療のハイブリットダイレクトボンディング
精度が高く、再発や劣化の少ない材料を選びたいとのことで、②ハイブリットダイレクトボンディングにしました。
ハイブリットよりセラミックのほうが材料は良いですが、セラミックは回数が2回かかり、削る量も多くなるので選択されませんでした。

【治療期間】

1回

【おおよその費用】

自費治療¥16,500

【術後の経過や現在の様子】

治療後、1カ月くらいしみていましたが、6カ月後の定期検診ではしみは治まったとのことです。

【治療のリスクについて】

むし歯で歯を削るということは削った分だけ神経に近くなるので、むし歯がなくなったとしても
症状が残る場合があります。しみていると気になってしまいますが、時間がたつと治ることが多いです。
神経にむし歯が近く、治らないような場合もあります。
その時は神経を取ることになってしまいますので、定期検診や早目の治療をお勧めします。

治療前

治療後