40代男性 セラミックが欠けてジルコニアで強度を求めた例

  • ホーム
  • 症例
  • 40代男性 セラミックが欠けてジルコニアで強度を求めた例

【初めのご相談内容】

右下のセラミックが欠けたとお話がありました。

【カウンセリング】

セラミックの欠けた内部がむし歯になっており
神経ギリギリのところまでむし歯が進んでいます。

【行ったご提案・治療内容】

神経を保存するような治療であればドックベストセメントを使用し
今後、割れないジルコニアを用いて再治療のない方法で治すことになりました。

【治療期間】

3回

【おおよその費用】

66,000円(税込)

【術後の経過や現在の様子】

神経ギリギリなところにむし歯があったとしてもドックベストセメントの効果により
削らずに治すことが出来たので治療中も痛みなく進めることが出来ました。
ジルコニアを使用しているため、強度があるので、噛み合わせや歯ぎしりによって
欠けてしまうリスクがなくなり、良い状態が保てております。

【治療のリスクについて】

神経ギリギリということは現在痛みがなくても、すでに神経の中が感染している可能性があり
徐々にむし歯の菌によって神経が死んでしまうことがあります。
この場合はかんで響く症状が出たり、歯ぐきから腫れてくる症状がでます。
そのような症状が出た場合には根の治療が必要です。
強度が必要な場合は、部分的な詰め物ではなく、全周を被せるクラウンという被せ物をします。
一度ジルコニアインレー(60,500円)を入れてから除去し、ジルコニアクラウン(99,000円)を入れる場合、
差額の38,500円で交換させていただいております。

 

治療前

治療後