ホーム  »  blog  »  村岡 秀明先生の講演に参加しました。

blog

村岡 秀明先生の講演に参加しました。

2016年03月27日

「能書きじゃ入れ歯は入らない
   -総義歯の印象採得咬合採得~実践とその考え方-」

コピーデンチャーといって現在入れている入れ歯をもとに作製する治療を得意としている先生です。
現在、使用している入れ歯が割れてしまったり、歯ぐきがやせて隙間が出ているなどかみ合わせや装着感に不具合が無い場合は慣れている入れ歯が新品になり精度があがれば違和感なく、すぐに入れられるようになるという考え方です。

確かに1から作り始めて粘膜の厚みや高さ、幅など様々な要点を修正し、かみ合わせの高さも変えるといったような方法で新しい入れ歯を作ることは一般的ですが、慣れるまで時間がかかることがあります。
結局、新しい入れ歯を作ったけど昔の入れ歯を使ってしまうといった経験はないでしょうか?

今回は今の入れ歯に不快症状が無ければ慣れている入れ歯が新しい入れ歯に置き換わるといった治療を勉強できたので大変充実した講演でした。