ホーム  »  blog  »  H30.10.7 口臭 関東ブロック研修会 Dr本田 俊一

blog

H30.10.7 口臭 関東ブロック研修会 Dr本田 俊一

2018年10月24日

水素ガス発生器

水素水は運動後に飲むことによって疲労回復が見込まれ、利用されております。水素水は水素を発生させた後、持続時間に限りがあるため時間が経ってしまうと効果が薄れてしまいます。水素ガス発生器は小型なものが販売されておりより身近に効果が発揮できるものとして紹介がありました。

①水素吸引で活性酸素をデトックス

水素には高い抗酸化力があり人体にとってデトックス効果の高い抗酸化物質です。

②水素吸引で-5歳肌に

お肌の老化は加齢はもちろんですが、大きな要因は体内のあちこちで発生する悪玉活性酸素にあります。活性酸素を取り除き、細胞の修復を促進します。

③リラックスしながらダイエット

水素には新陳代謝を促進する効果があります。強力な抗酸化作用で細胞を活性化させ、エネルギーを消費する体になります。

歯科医院でも取り扱うことができ治療中に水素を吸入しながら治療ということも将来的には現実のものとなるかもしれません。

【Properi(プロペリ)】口臭+歯周病に効果のある洗口液

Properiは二酸化塩素製剤でClO₂を使用し強い酸化力があります。歯周病を引き起こす原因である嫌気性菌を抑制し、発生を予防する商品です。

二酸化塩素をボトル内で発生させその液体を洗口します。二酸化塩素が口内で嫌気性菌が苦手とする酸素を放出するため歯周病菌などが嫌う酸素環境を作り、活動を抑制させることで歯周病を予防します。また、嫌気性菌を抑えることで口臭の無臭化にも効果があります。

①二酸化塩素の歯科での応用の可能性

口腔内環境のPHの影響は受けない。
ウイルス、菌、タンパク質など作用する対象が広い。
歯垢形成を抑制。
カンジダにも有効。
クロルヘキシジンと比べると使用感は優れている。

②Properiの歯周病への応用

殺菌作用:口内でウイルス、細菌、真菌などを構成するタンパク質を酸化することでその構造が変わり機能を低下させます。その構造を変化させて除菌することができます。

バイオフィルムの破壊:塩素剤と比較して低濃度でバイオフィルムを分解、あるいはバイオフィルムの内部に浸透してフィルム内の微生物を不活化する能力が高い。

無臭化のメカニズム:口臭の原因である舌に生息する嫌気性菌に対し酸素を送り込み、根本的な活動を抑制し、さらに硫化イオン、メチルメルカプタンなど口臭を全く別の成分に変えて無臭にする。

唾液分泌増加を行う仕組み

プロフレッシュとプロペリはボトルは似ておりますが使用法は異なりますので注意してください。プロフレッシュは朝食後と就寝前、プロペリは起床直後と就寝前です。

プロフレッシュの特徴は粘液層に速やかに浸潤し粘液層に固定されて長時間残留し続け酸素を提供するという仕組みがあります。プロペリはプロフレッシュの2倍濃厚で浸透圧が圧倒的に大きくトリートメント直後に粘液層に浸潤するのに対して、濃度の薄いプロフレッシュは浸透するために時間を必要とするためです。

さらに歯周病予防の見地から、プロペリは歯垢が一番多く汚染している起床直後に行う必要性があるためと、無臭化のために使用されるプロフレッシュは最も細菌学的環境の良い食後にトリートメントを行うのがベストです。

二酸化塩素製剤を用途により活用し無臭化を目指しましょう。